オンラインでのギャンブルは日本では合法?

japan online gambling

ギャンブルは日本では合法?

厳密に言いますと、日本では刑法第23章 によってギャンブル(賭博)は禁じられています。暴力団が法の網をかいくぐって違法な賭博を行っていることは知られていますが、合法的に営まれているカジノは日本には存在しません。日本の市民はギャンブルに慣れておらず、依存症になりがちだというのが、日本政府の見解です。そのため、政界にて観光業界の景気対策の一環としてカジノ合法化が提案された際にも、政府は法改正には慎重な姿勢を崩しませんでした。

 

法の例外事例

しかしながら、賭博の禁止には幾らかの例外があります。例えば: パチンコは娯楽の一形態と見なされており、ゆえに合法です。実際には、パチンコだけで相当な額の収入を稼ぐ人たちが多くいるのです! 他の例外としてはスポーツを対象にした賭け、すなわち競馬と乗り物競技(競輪、競艇とオートレース)があります。日本政府はカジノ合法化に消極的ではあるものの、カジノ産業の税収源としての可能性を承知していることは明白です。公共の宝くじやスポーツ(オートレースとサッカーくじ)を対象としたギャンブルが、厳しい規制下に置かれているものの順調に運営されているのも同じ理由によるのです。スポーツくじの売り上げの20~25%、及び宝くじの売り上げの50%はチャリティ団体や多様な政府機関へ と向けられます。

 

海外ではオンラインカジノは合法

ご注意いただきたいのは、日本の市民がギャンブルを法で禁じていない国で賭けに興じることはまったく合法です。つまり日本人がラスベガス、モンテカルロやゴアなどでギャンブルを楽しむことはまったく自由なのです。このことがオンラインカジノの問題に結びついてきます… すべてのこうしたカジノはオンラインでのギャンブルが法的に許されている国々から運営されています。すなわちそれぞれの国の定めに従う義務があり、その地の司法権の管轄下にあります。このようなわけで、実質的には、日本の市民がオンラインカジノにアクセスすることは問題ないのです。更には、市民の諸権利はカジノが運営している国の法律により保護されます。オンラインカジノは顧客のプライバシーと個人情報を保護する法的義務を負います。従って、どなたでも日本の現住所を使って何ら問題なしにオンラインカジノに登録できるのです。日本に居住する多くの方々が日常的にオンラインカジノにアクセスして巨額の賞金を獲得しています。更には、日本語対応のカジノや日本円を利用できるオンラインカジノもあるのです。2020年のオリンピックは日本で開催されますが、政財界にはカジノ産業が数百万人の観光客を惹き寄せ、天文学的な額の税収を生みだすとの見通しから、政府に法規制の緩和へ向けて圧力をかける人たちも多いのです!

一般的に、オンラインカジノは円滑な資金の出入金に最大限の努力を払っています。電子サイフ(Eウォレット)は手数料の利率が低く、信用度が高く、資金源を公表する義務を負わないことから、現金を動かす上で最も好まれるオプションです。Skrill、NetellerならびにClick2Payはいずれも非常に評判の高い電子サイフ会社で、日本からのアクセスも容易です。日本国内の銀行が発行しているVisa(Visa Electron)又はMasterCardを使うことで、(日本円にて)これら電子サイフに入金することができます。既に触れましたが、取引の記録に資金源は明記されません。例えば: あなたが$1000をオンラインカジノで勝ったとします。獲得賞金はあなたの Neteller口座に引き出せますので、そこからあなたの銀行口座へご送金いただけます。 通帳の取引記録にはNETELLERと記載されるだけです。オンラインカジノの「オ」の字も表示されません。ですので、万が一にもあなたが資金源の明示を求められたとしても、あなたはある外国の会社に投資し、その配当として受け取った額であると説明すればいいのです(法的には、ここに虚偽は一切ありません!)。

手短に言えば、日本の皆さまがオンラインカジノにアクセスすることは全く問題がないのです。既にプレイされている方が多くいらっしゃり、羨ましい額のお金を日常的に稼いでいるのです!